慢性閉塞性肺疾患

ここでは咳を伴う病気、慢性閉塞性肺疾患(COPD)について詳しく説明していきます。

慢性閉塞性肺疾患は別名COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)と呼ばれ、欧米ではタバコ病とも呼ばれている代表的な慢性呼吸器疾患の一つです。
その原因はタバコの煙などの有害物質を長期間吸入し続けることです。これにより気道の炎症や肺胞が傷付くことで、呼吸器が閉塞されて慢性的な息切れが生じます。主な症状として咳や痰、それに伴う喉の痛みが見られます。


sponsored link




重症化すると呼吸不全に陥り、息苦しさから通常の生活が困難となることもあるほどです。風邪やインフルエンザなどの感染症を患うと急速に症状が悪化する(急性増悪と呼ぶ)こともあり、これを繰り返すと完治することは難しくなっていきます。

一番の治療はまず禁煙することで、これ以上原因となる有害物質を吸わないことで、病気の進行を止めることが出来ます。必要に応じて気管支拡張剤やステロイド薬などを使い、生活習慣の改善や適度な運動でリハビリを行います。痰が多く濃度が濃いのであれば去痰薬、菌に対する抗菌薬も投与されます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 肺結核

⇒ 咽頭炎と喉頭炎

⇒ 気管支喘息

⇒ 気管支炎



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
sekidome21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。