肺結核

結核という病気は、結核菌と呼ばれる細菌に感染して起こる感染症です。ヒトが感染する結核菌は3種類あって、ヒト型結核菌とウシ型結核菌とアフリカ型結核菌で、日本では主にヒト型結核菌によるものです。
結核菌の特徴としては、空気感染をするので飛沫された咳やくしゃみ、唾によって、人から人へと伝染していきます。そして体内で潜伏し、宿主の体調などの状況によって活動を始めます。特に免疫力が低下している体調が悪い時に、活動し始め発症するのです。しかし感染しているからといって100%発症するというわけではなく、多くの場合が発症することなく終わるというのもまた特徴的な病気です。


sponsored link




肺結核の症状は、特に初期症状の段階では自覚症状はほとんどないと言われています。微熱や食欲不振、全身の倦怠感、軽い咳などで、症状としては風邪を引いた時と何ら変わった所はなく、見分けが付きません。通常の風邪であれば安静にしていれば2週間以上続くことはほとんどないので、2週間以上続くようであれば肺結核の可能性が考えられます。

肺結核が進行してくると症状も少し重いものになっていきます。数週間と継続する発熱や就寝中の汗(寝汗)、咳嗽と喀痰、呼吸が苦しいなどの呼吸障害といった症状が現れます。特に呼吸障害は高齢者の方には顕著に現れやすく、注意が必要です。喀痰も症状として現れない場合もあれば、時に血痰を生じる場合もあります。

肺結核が他の組織に二次感染していくと、他の症状も現れ出します。胸膜に感染して胸膜炎を起こして胸の痛みが現れたり、リンパ節に感染して全身に至る関節に違和感を感じたりなど、その他にも色々な症状が現れます。
肺結核を放置していると、確実に肺の組織は破壊され重篤な症状を起こします。肺出血やそれによる血痰、またそれによる窒息などで死亡するケースもある程、恐ろしい病気なのです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 慢性閉塞性肺疾患

⇒ 気管支炎

⇒ 咳を止める飲み物

⇒ 効果的なツボ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
sekidome21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。