呼吸器の構造

ここでは呼吸について、呼吸器の構造について説明していきます。

呼吸器とは呼吸を行う器官のことで、上気道と下気道に分けられます。気道とは空気の通り道のことで、呼吸器とほぼ同じ意味で使われています。
上気道は鼻と口と喉、鼻腔・口腔・喉頭のことを指します。下気道は気管から肺までの部分、気管・気管支・細気管支のことを指します。この後は呼吸細気管支から肺胞へと続きます。


sponsored link




実は肺自体は空気を吸ったり吐いたりすることは出来ません。肋間筋という筋肉と横隔膜の動きがそれを可能にしています。息を吸い込む時は、肋間筋が伸びて胸壁が広がり、肺も引っ張られて膨らみます。同時に横隔膜が縮んで下がり、肺は下にも引っ張られて膨らみます。そうして膨らんだ肺に空気が入る仕組みとなっています。反対に息を吐く時は、これらの動きが逆になり肺がしぼむことで、空気を送り出すような形で排出する仕組みとなっています。

呼吸における空気の取り込みは鼻もしくは口から喉頭に送られます。この時に吸った空気の洗浄や温湿作用を行っています。喉頭は軟骨構造で囲まれ靭帯や筋肉で繋がっていて、飲食物などの誤飲を防ぐ働きをしています。また、声を司る声帯はこの喉頭にあります。こうして上気道を通ってきた吸気は、下気道の気管へと続きます。
気管へ入ってきた吸気は気管支で枝分かれして左右の肺へと送られ、最終的に肺胞に辿り着きます。ここで血液とのガス交換が行われて、必要な酸素を血液へ送り必要のない二酸化炭素を呼気として放出するのです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 呼吸の仕組み

⇒ 咳とは

⇒ 咳と痰

⇒ 漢方薬で咳を止めたい



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
sekidome21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。