咽頭炎と喉頭炎

ここでは咳を伴う病気、咽頭炎と喉頭炎について説明していきます。

咽頭炎は咽頭に炎症が起きている状態のことで、咽頭は鼻腔と口腔の奥にあります。咽頭炎は様々な種類があり、主な原因は細菌やウイルスによる感染です。咽頭の中でも扁桃に強い炎症が見られる場合は扁桃炎と呼びます。
咽頭炎の症状は基本的に風邪の症状です。炎症を起こしている部分によって多少の差はありますが、ほとんどが喉の痛みや咳、痰などの症状があります。


sponsored link




喉頭炎は喉頭に炎症が起きている状態の事で、喉頭は咽頭と気管の間で、ちょうど喉仏がある辺りのことです。喉頭炎は咽頭炎と同じく、主な原因は最近やウイルスによる感染です。感染以外にも、発声などの喉の酷使やタバコの吸いすぎでも起こります。
喉頭炎の症状も基本的に咽頭炎と同じで、喉の痛みや咳、痰などの症状があります。

咽頭炎も喉頭炎も合併して起こることがあり、広範囲で炎症を起こしているほど症状は重く回復にも時間がかかります。乳幼児がかかると咳が激しく呼吸困難に陥る可能性もある為、注意が必要です。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 慢性閉塞性肺疾患

⇒ 百日咳

⇒ 気管支炎

⇒ 咳を止める食べ物



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
sekidome21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。