咳と痰

ここでは咳について、咳と痰について説明していきます。

痰は気道から吐き出される液状物質で、主な成分は気管や気管支の粘膜から分泌された粘液です。体内に侵入してきたウイルスや菌、それらと戦った白血球の死骸や残骸が唾液に混じって吐き出されます。
実は痰は体調が悪いときにだけ出るものと思われがちですが、健康な人でも毎日痰は出ています。1日におよそ100ml程度の痰が分泌されているのですが、この場合ほとんどが水分で構成されていて吐き出さず無意識に飲み込んでいます。気道に異常がある場合は100mlを大幅に超える量の痰が生成されます。ちなみに唾液は一日になんと1,5リットルも分泌されています。ペットボトル1本分ですね。


sponsored link




咳が出ると同時に痰が出てくることがあります。これを「痰が絡む」と表現しますが、咳を出す前に喉を絞ってから(おなかに力を入れる感覚)出すと、痰が出やすくなります。
「オー」と声を出しながら咳をするのがコツです。
咳には痰が絡む咳と、痰が絡まない咳とがあります。前者は湿性咳嗽と呼び、後者は乾性咳嗽と呼び、一般的には空咳と呼ばれています。
湿性咳嗽の場合、気道の炎症、気管支喘息気管支炎肺炎などの症状として表れている可能性があります。
乾性咳嗽の場合、上気道の炎症、気管支喘息気管支炎、気管支拡張症、百日咳などの症状として表れている可能性があります。煙や埃、粉塵などを一気に吸い込んだ時などはこちらに含まれます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 咳止め薬について

⇒ 呼吸の仕組み

⇒ 呼吸器の構造

⇒ 咳とは



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
sekidome21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。